日本における規制と責任あるゲーミング慣行の概要

日本における規制と責任あるゲーミング慣行の概要

ホーム > 日本における規制と責任あるゲーミング慣行の概要

日本における規制と責任あるゲーミング慣行の概要

日本政府は、カジノを含む統合型リゾート(IR)の実施計画を正式に承認し、国内でのカジノ設置に向けて大きな一歩を踏み出した。国内初のIR施設は、早ければ2024年にオープンする可能性がある。

この決定には、責任あるゲーミングの実践を確保し、この業界に関連する潜在的な問題を防止することを目的とした包括的な一連の規制と制限が伴う。それでは、この開発の主要な側面を掘り下げてみよう。

認可およびライセンス期間

カジノは統合型リゾート(IR)区域に限定される。IR区域実施計画に基づく国土交通大臣の認可が必要。

IR・カジノ事業を行う法人は、会社法に基づいて設立される必要があり、一般的には株式会社または合同会社となる。IR・カジノ事業者の所有権は、居住地や国籍による制限はありません。しかし、そのような事業者の議決権、株式、持分の5%以上を所有しようとする場合は、欧州委員会の許可を得る必要があります。

IR実施法によれば、認定されたIR区域は3つまでであり、最初の認定から7年後に見直しが行われる。各IR区域は、単一のカジノ事業者によって運営される1つのカジノのみ許可される。

IR実施計画に対する大臣の認定は、当初10年間であり、5年ごとに更新される。初回の認可、その後の更新ともに、地元市町村議会の承認が必須。

運営に不可欠なカジノ営業許可は3年間有効。ライセンシーの継続的な誠実さと規制の遵守を保証するため、さらに3年間の更新が必要となる。

厳しい取消基準

カジノ規制委員会は、様々な状況下でカジノ事業ライセンスを取り消す権限を有する。これには、虚偽の申告によりライセンスを取得した場合、検査に合格してから6ヶ月以内に営業を開始しなかった場合、正当な理由なく長期間の営業停止処分を受けた場合、その他一定の条件を満たした場合などが含まれる。

また、IR区域実施計画の認定やカジノ施設設置者の免許が取り消されたり、無効となった場合には、自動的にカジノ事業免許が取り消されます。

顧客サービスの制限

ギャンブル依存症のリスクを軽減するため、カジノ施設への入場には厳しい制限が設けられている。非居住者である外国人を除く顧客の入場は、1週間に3回まで、28日間に10回までとされている。また、カジノ規制委員会は、入退場時に顧客の身分証明書を確認しなければならないことを強調している。日本人非居住者と短期滞在の外国人は「マイナンバーカード」による本人確認が必要だが、それ以外の人はパスポートやその他の身分証明書を使うことができる。

許容されるゲーミング

欧州委員会は、社会的受容性を確保するために、特定の種類の許容ゲーミングの概要を定めている。これには、バカラ、トゥエンティワン(ブラックジャック)、ポーカー、ルーレット、シックボー、クラップス、カジノウォー、マネーホイール、パイゴウ(テーブルゲーム)、電子(テーブル)ゲームなどの人気ゲームが含まれる。

日本はほとんどのオンラインギャンブルに対して厳しい規制を維持しているが、いくつかの例外もある。オフショアギャンブルは日本国民にとって合法的にアクセス可能であり、特に仮想通貨カジノを特徴とするいくつかの海外ウェブサイトが日本からの顧客に対応している。これらのプラットフォームは、外国政府が発行したライセンスに基づいて運営されています。

これらのオンラインカジノには、日本のプレイヤーを魅了する、エンターテイメント性が高く、報酬の高いスロットが多数用意されています。人気タイトルには、Starburst、Moon Princess、Hawaiian Dream、Wolf Gold、Avatarsなどがあります: Gateway Guardiansなどがあります。魅力的な機能と魅力的なアニメーションやデザインが、日本での人気を高めています。

さらに、テクノロジーの進歩に伴い、支払いオプションも拡大している。オンラインカジノでは、イーサリアムやバイナンスコインなどの暗号通貨を取引に利用するなど、多様な選択肢が用意されている。これは安全性を高めるだけでなく、お客様により安全な金融体験をお約束します。

広告およびプロモーション規制

クリーンな娯楽環境を維持し、ギャンブル依存症を防止するため、カジノ事業の宣伝・広告には厳しい規制が設けられている。禁止事項としては、虚偽・誇大な表現、善良な風俗に反する表現、空港や港湾の旅客ターミナル施設など指定された場所を除くIR区域外でのチラシ配布などがあります。

広告には、カジノの利用とギャンブル依存症との関連性についての注意喚起や、20歳未満のカジノへの入場禁止などを記載しなければならない。

コンプとジャンケットビジネス

カジノ運営者は、善良な風俗に反する可能性のある過度な無料アイテム(「コンプ」)の提供を禁じられています。提供されたコンプについては、日付、顧客名、金額、種類などの厳格な記録管理が義務付けられています。景品表示法は、カジノに関連するコンプには適用されない。

諸外国では一般的なジャンケット営業は、日本では厳しく規制されている。カジノに関連するマーケティング、ゲーミング、貸金・集金業務を行うことができるのは、認可を受けたカジノオペレーターだけである。

設立のお申込みはこちらをクリックしてください

あなた様の一般財団法人設立のお手伝いを精一杯させていただきます。

不明な点や疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください 各種お問い合わせはこちら! メールフォームはこちらをクリックしてください

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!