日本における暗号スポーツベッティングの人気を高めるトレンドドライバー

日本における暗号スポーツベッティングの人気を高めるトレンドドライバー

ホーム > 日本における暗号スポーツベッティングの人気を高めるトレンドドライバー

日本における暗号スポーツベッティングの人気を高めるトレンドドライバー

ブックメーカー仮想通貨のベッティングが世界中で人気を集めており、日本の顧客もその最新の愛好家の中にいます。この現象は、世界の金融およびエンターテインメントセクターの最新の発展に触発されたいくつかの要因に起因することができます。ここでは、日本における暗号スポーツベッティングの風景を特に形成している主要なトレンドドライバーを紹介します:

分散型技術の急速な発展

日本はブロックチェーン技術の最大の支持者の一つであり、最新の関心事はメタバースにあります。自由民主党は、その成功を監督するためにWeb3デジタル社会推進チームを設立しました。彼らは2023年4月に白書戦略を発行し、国内の暗号産業を後押しするための支援を行いました。

これは、国内の各セクターが将来の計画をどのように立てるかに影響を与えます。すべての企業はブロックチェーン技術とWeb3を念頭に置いており、ブロックチェーンベースの運用を標準とするための協力的な努力を確実に行っています。それには、ファンエンゲージメント、マーチャンダイジング、ブックメーカービットコインベッティングなど、多くの可能性を秘めたスポーツが含まれます。

世界中での暗号通貨使用に対するより良い規制

暗号通貨に対する支持が世界中のさまざまな場所で花開き始めています。最もエキサイティングな展望の一つは、アメリカ合衆国(US)の証券取引委員会(SEC)によるビットコイン上場投資信託(ETF)の承認です。これにより、USの投資家がビットコイン市場に参入し、2024年には価格が指数関数的に上昇しました。

ビットコインETFの後、イーサリアムに対しても同様のことが期待されており、これはWeb3全体にとってさらに有益です。それは、このブロックチェーンがWeb3に捧げられたプロジェクトの大部分をホスティングしている最大のレイヤー1ネットワークだからです。イーサリアムETFの提案はビットコインETFと同時に行われたため、現在検討中です。

世界中のすべての競馬へのアクセス

競馬ベッティングは、ほぼ毎週ハイステークスのイベントがあるため人気があります。それは日本中央競馬会(JRA)だけを考慮してもそうですが、彼らはグレード1、2、および3のレースを開催しています。ブックメーカーはこれらすべてをカバーするだけでなく、他の国の国内レースもカバーしています。

常にベッティング可能な競馬があることは、日本には多くの競馬ファンがいるため、ブックメーカーにとって素晴らしい機能です。特に、日本生まれの馬がドバイワールドカップのような国際的なステークスで競争者になるときは、特にエキサイティングです。このようなイベントは地元のスポーツブックでベッティングできないため、バーチャル通貨ブックメーカーが役立ちます。

日本におけるギャンブルの最新の合法化

暗号の初期の採用者の一つである日本ですが、ギャンブルに関してはパーティーにやや遅れています。これは長年にわたって敏感なトピックであり、この問題に対する世論は分かれています。しかし、政府は2016年に提出された法案と2018年に確立された法律に従って、それを合法化する考えに開かれています。これらは日本への観光を促進するために作られたもので、ギャンブルは重要な要因です。

オンラインスポーツブックメーカーは、日本の顧客のために運営するライセンスを取得することができます。そうした中で最初に行われたのは、国内ですでに人気のある仮想通貨に特化したもので、その移行は大いに歓迎されました。日本はまた、2029年に運営を開始する予定の実店舗のリゾートやカジノの運営もライセンスしています。その成功は、後にすべての種類のギャンブルをさらに促進することができます。


 

設立のお申込みはこちらをクリックしてください

あなた様の一般財団法人設立のお手伝いを精一杯させていただきます。

不明な点や疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください 各種お問い合わせはこちら! メールフォームはこちらをクリックしてください

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!