法務局とは

法務局(ほうむきょく)とは、法務省の事務のうち、登記・戸籍・国籍・供託・公証・司法書士及び土地家屋調査士、人権擁護、法律支援、国の争訟の事務を処理するための地方実施機関です。

法務省設置法(平成11年法律第93号)第18条に基づき設置されます。

管区(ブロック)ごとに法務局(全国8か所)を置き、その他の県庁所在地などには地方法務局(全国42か所)を置きます。

法務局長は、その管轄区域内の地方法務局の事務を指揮監督します。

法務局と地方法務局の所掌事務の一部を分掌させるため、それらの支局を置き、法務局・地方法務局とそれらの支局の所掌事務の一部を分掌させるため、さらに出張所を置きます。

なお、日常会話では、地方法務局以下についても単に「法務局」または「登記所」と呼ばれることがあります。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』