登録免許税とは

登録免許税とは、登録免許税法に基づき、登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課せられる国税の一種です。

法務局や郵便局で、収入印紙を購入することで、国に納付します。

一般社団法人・一般財団法人の設立に必要な税額は、「6万円」です。